イベント一覧

●全国から書店、古書店、出版社がイチオシの本を持って参戦!


~書店・古書店~

古本いるふ(富山)【10/26・27】

https://twitter.com/huruhon_iruf

https://www.instagram.com/furuhon_iruf/

古書からすうり(三重)【10/26・27】

https://www.facebook.com/kosho.karasuuri/

https://twitter.com/kosho_karasuuri


シマウマ書房(名古屋)【10/26・27】

http://www.shimauma-books.com/


古書と古本 徒然舎(岐阜)【10/26・27】

https://tsurezuresha.net/

古本屋ぽらん(三重)【10/26】

https://www.facebook.com/huruhonyaporan/

https://twitter.com/huruhonyaporan

町家古本はんのき(京都)【10/26・27】

https://hannoki.jp/

古書ほうろう(東京)【10/26・27】

https://horo.bz/


ホホホ座(京都)【10/26】

http://hohohoza.com/

ON READING(名古屋)【10/27】

http://onreading.jp/

~出版社~

朝日出版社【10/26・27】

https://www.asahipress.com/

エムエム・ブックス【10/26・27】

http://murmurmagazine.com/

書肆侃侃房【10/26・27】

http://www.kankanbou.com/

タバブックス【10/26・27】

http://tababooks.com/

夏葉社【10/27】 ※急病により、出店中止になりました。(10/24追記)

http://natsuhasha.com/

ナナロク社【10/27】

http://www.nanarokusha.com/

ビーナイス【10/26・27】

http://benice.co.jp/

フィルムアート社【10/26】

http://filmart.co.jp/

雷鳥社【10/26】

http://www.raichosha.co.jp/


~その他~

いつもやっていること文化センター/ホモ・サピエンスの道具研究会【10/27】

https://culture-center.amebaownd.com/


●本とおいしいにちよう市

スタジオマノマノで開催している「おいしいにちよう市」が2日間限定で「円頓寺 本のさんぽみち」に出張します。

本と一緒にあるとうれしい、ランチやおやつを日替わりでセレクト。ブックカバーや栞などの、本にまつわる雑貨や本なども販売します。

本を探す合間に、ごはん食べたり、おやつしたり。ぜひお立ち寄りください。

詳細はこちら。
https://nichiyou-ichi.amebaownd.com/pages/3096280/page_201907271237


●円頓寺書店2019 ~私たちには売りたい本がある~

円頓寺商店街に、2日間限定の特別な本屋さんが登場します。

今回は、新刊書店員と元書店員が「この本を売りたい!」と思う5冊を厳選して対面販売します。

本と本屋を愛する書店員たちの想いを是非感じてください。


出店者決定しました!
是非、円頓寺書店の書店員と、彼らが選んだ本に会いに来てください。ご来店お待ちしております!

書店員名:パユ(※10/27のみ出勤。本は両日ともご覧いただけます)

選書テーマ:「生きる力が弱っているなと感じたときに読みたい本」

コメント:栄の書店で働いています。本を読みながら、なんとかこれまで生きてこられたという感じで、だいたいヨボヨボしています。すこし前から韓国文学にはまっています。

書店員名:くまがいゆか(※10/26のみ出勤。本は両日ともご覧いただけます)

選書テーマ:「この本が、世界に存在することに」

コメント:だいたいいつも本屋にいます。ふだんは栄の大型書店で文庫新書担当を、ときどき新瑞橋のまちの本屋で働いてたりもします。本と、本のある場所なしでは生きられません。SF好き。

書店員名:えんどう

選書テーマ:「きっとあなたの物語!津村記久子の5冊」

コメント:町の本屋とチェーンの書店で働いていました、元書店員です。新しい趣味を見つけたくて、最近キャンプとスケート(滑るほう)始めました~。

書店員名:きよ

選書テーマ:「突き刺さったわたしの本」

コメント:本屋さんで本を売る仕事をしています。小説もノンフィクションも漫画も本の匂いも好きです。趣味はフィギュアスケート観戦なので冬になるとソワソワします。

書店員名:たやまなおき

選書テーマ:「ままならないこの世界で」

コメント:某大型新刊書店に7年間勤務していましたが、今年の5月に小豆島に移住しました。現在は島で本屋を開業すべく奮闘中です!僕にとって”本”とは、いつもそばに寄り添ってくれ、たくさんの出会いや思いもよらない発見をもたらしてくれる、とても大切で、かけがえのない存在です。ままならない事ばかりが起き、自身の無力さを感じることも多い今の社会。そんな世界で生きていくために、ほんの少しでも勇気や希望をもらえるような本を選んでみました。



~円頓寺書店2019 ~私たちには売りたい本がある 出店者募集のご案内~

●企画内容

「円頓寺 本のさんぽみち」会場に、現役&元・新刊書店員たちが、本当に自分が売りたいと思う本を仕入れ、自ら売る2日間限定の「書店」をつくってみよう!

●本企画について

 本をテーマに街で遊ぶブックイベント「ブックマークナゴヤ」が始まった2008年当時、全国で約16000店あった書店数は、5月現在で約11500店。年々、減少を続けてきました。

そして、難しい書店経営の影響は、現場の書店員の仕事にも及び、様々な事情により現場を離れざるを得ない人もいます。本の価値を伝えられる志ある書店員が減ってしまうことは、

書店そのものの魅力としても、地域にとっても大きな損失だと思います。

そんな中、ある元書店員さんが、「今でもいい本に出会うと、この本を売りたいと思う」と話してくれました。 「本を売りたい」という気持ちは、本を販売する立場の人特有のもので、なおかつ、作品への最高の誉め言葉だと思います。 そして、現役の書店員さんの中にも、推したい本があっても様々な理由でかなわない人が少なからずいることを知り、 そういう人々に思う存分本を売ってもらえる場をつくりたい、と思いました。

読者に直接、本の魅力を伝え、コミュニケーションを楽しみながら本を手渡すことで、本って面白いよ、書店員って楽しいよ、ということがご来場のお客さんや日々頑張っている書店員さんに改めて感じていただけたらと思っています。